ポイントが魅力のおすすめのクレカ

 

クレカポイント魅力のカードは?

 

ポイントは貯まるだけじゃダメ!
貯まったポイントを有効に使えてこそ秀逸なクレカです☆

 

これまでは現金での支払い一辺倒だった人でも、最近のクレカのポイントの魅力に惹かれて、クレカに注目する人も増えてきました。

 

でも、そのポイントで交換できるものに魅力がなかったら、ポイントをためる意味がありません。だから、本当にあなたが欲しいものが手に入るクレカを選びましょう!

 

おすすめはズバリ楽天カード!

 

GETできるポイントは、なんでもそろう楽天市場をはじめ、旅行、ビューティーなどと、多彩な楽天グループのサービスに使える最強の楽天スーパーポイントです。

 

しかも、ド〜ンと太っ腹なキャンペーンも魅力。今ならこんなキャンペーン開催中です☆

 


   今すぐ楽天カードをチェック!

 

 

 

ポイントの使い方が魅力のおすすめのクレカ

 

ショッピングなどの際にクレカ払いを利用すると、その利用額に応じてポイントが付与されるサービスが多くのカード会社で行われています。

 

ショッピングを楽しむのと同時に、ポイントが貯まるため、自然にポイントが増えていくいくことも魅力のひとつです。そして貯まったポイント活用で、さまざまな特典を手に入れることができます。

 

ポイント活用できる特典は、それぞれのカード会社により異なりますが、商品券や便利グッズのほか、キャッシュバックなどに利用することができます。

 

カード会社でも、それぞれ工夫を凝らしており、さまざまなサービスや商品が続々と投入されています。

 

クレカを利用したショッピングでポイントを貯めて、そのポイント活用でさまざまな特典を手に入れることができるため、これからも利用者が増え続けていくことでしょう。

 

そんなポイントの活用は、楽天グループをはじめ、豊富なアイテムとの交換が可能な楽天カードが魅力です。

 

 

上手なクレカの使い方〜ショッピング編〜

 

ショッピングは通販でというくらい、通販には色々な種類があり、手に入らない物はないくらいになりました。時間がなくてもネットやカタログで買い物ができる通販の人気は高まるばかりです。

 

それに伴い、クレカも特色を持ったものが多くなり、さらに便利に利用できるようになってきました。通販でのショッピングにはクレカが大変便利です。

 

代金引換という方法もありますが、手数料がかかります。クレカには買い物ごとにポイントが付くものが多く、そのポイントで商品と引き換えることができるので、知らない間に貯まっているのでお得です。

 

しかし、個人の使用に基づき毎月の上限が決まっているので注意しなければなりません。使っている感覚がなく、翌月請求がきて困ることのないように、計画的に使うことが肝心です。

 

大きい買い物をするときには、ボーナス払いやリボ払いをうまく活用して、上手にクレカでショッピングを楽しむことをおすすめします。

 

上手なクレカの使い方とポイントの貯め方

 

多くのクレカ会社が、利用額に応じてポイントを付与しています。会社によってポイント還元率は異なりますが、ポイントを集めると、現金や商品券、商品などに交換することが出来るのでお得な制度です。

 

クレカはショッピングや飲食店の支払い、キャッシュサービスなどで活用することが大部分を占めますが、それ以外にお得に使う方法があります。

 

毎月、絶対に支払わなければならないのが、公共料金ですが、実は公共料金もクレカで支払いをすることができます。

 

その際にはもちろんポイントが付与されるので、どうせ公共料金を支払うなら、口座引き落としや現金払いをするよりもクレカを使えばポ人ともゲット出来てお得です。

 

同じように、スマホを使用している人であれば、携帯料金もクレカで支払うことができます。会社によっては年会費無料なのに、ポイント還元率が高いものや、誕生日月にはポイント還元率が高くなるものもありますから、しっかりチェックしてお得な使い方をしましょう。

 

クレカの入会に必要な基本的な書類とは

 

クレカの入会には申込書と共に本人確認のための書類などが必要です。入会の際に必ず必要になるのは、本人確認書類のコピー・金融機関の口座情報・銀行印です。

 

場合によって必要になるものは、未成年の時は親の同意・自営業者や年金受給者やキャッシング希望者は収入証明書類・学生の人は学生証です。

 

本人確認書類には関しては運転免許証が一般的ですが、持っていない場合にはパスポート・健康保険証・住民票の写しなどクレカ会社によって異なります。

 

学生の場合には学生証だけでは不十分なので、その他の書類が必要になります。また未成年の場合には親の同意が無いと作れませんので、同意の確認を電話で行うことがあります。

 

現住所と記載されている住所が違う場合には、現住所を確認できるものが必要になります。公共料金の領収証書・社会保険料の領収証書・国税や地方税の領収証書か納税証明書などです。自営業者や無職の年金受給者は収入を証明するものが必要です。

 

一般的なクレカの審査にかかる時間

 

クレカの審査時間は、だいたい約1週間から2週間程度が相場です。クレカは、カードローンの申請などと異なって審査をするための書類を相手に対して直接送付しなくてはいけません。

 

実際に店舗に行くときであっても書類を提出しなくてはいけないため、まずはその準備が必要になるのです。

 

店舗に直接行く場合には少し時間を短縮することができますが、ネットを利用してクレカを作る場合には審査をするときも書類を渡すときも全て郵送でやり取りを行わなくてはいけないため多少時間がかかります。

 

また、クレカを作っている会社は申請する人の収入や年齢、勤続年数や勤務先の規模などによって各々ランク付けを行います。これにも多少時間がかかります。

 

審査に通ると、本人の情報やパスワードなどの設定をさらに行うように求められるためその手続きを行ってからカードが発行されます。

 

申請をしてすぐに審査に通ったとしてもその後に様々な手続きをしなくてはいけないため、それ相応の時間が必要になることを知っておきましょう。